60歳からモテる方法【男性編】還暦から恋愛を始めよう!モテる中年に共通すること

60歳 モテる方法

還暦を迎えた60歳からモテ始める男性には、共通することがあります。

60歳から男の勝負に挑もうとする果敢なあなたに、若い男にも負けないモテる方法を伝授いたします。

まず女性に聞いてみた!「カッコイイおじさんってどんなタイプ?」

巷の女性に、「60歳を過ぎてもカッコいいと思うおじさんのタイプ」について調査してみました。

調査場所:関東某駅・駅前広場

調査対象年齢:20代~70代

20代・看護師

 

患者さんでもいますよ、おじいちゃんなのに魅力的な人。

 

可愛い系の人と、セクシー系の人の2種類に分かれますね。

 

可愛い系のオジサンは狙ったらキモくなるので、やっぱり天然、生まれ持っての素質があるんだと思います。

 

セクシーなおじさんも、行き過ぎるとただのエロジジイだし、加減は難しいと思います。

 

芸能人で言ったら、かわいい系は笹野高史さん、セクシー系なら中尾彬さんてとこですかね。

30代・パート

 

父の世代でなお、男としてかっこいいと思う人、いますよね。

 

昔、働いてた会社の社長が60代だったんですけど、お洒落だし若作りとかしなくてもすごくはつらつとしてて爽やかでした。

 

内緒だけど、愛人もいたみたいです。

 

しょぼくれたおじいさんより、ちょっとくらいヤンチャなおじいちゃんの方が魅力的ですね。

40代・主婦

 

主人が私より23個年上の63歳です。

 

ちなみに新婚です♪

 

人間として尊敬できるし博学だし、そして若い男にはない色気があります。

 

体力がないのは仕方ないですが、主人と結婚してみて、やはり男は60から本質が出てくるなと実感しています。

50代・自営業

 

60歳以上でかっこいいなと思う男性は、取引先に数名います。

 

皆さん、趣味を満喫していて、交友関係も広く、そして奥様と円満な方ばかりです。

 

私生活が充実していると、人間的魅力につながるのかしらね。

60代・主婦

 

同年代でもおじいさんに見える人もいれば、年下かしらっ!っていうほどお若く見える方もいて、その人の生き方が出てくるような気がします。

 

でも大抵、かっこいい60代の紳士は若い子に持ってかれちゃうのよね。

70代・茶道師範

 

私のお教室にも60歳から80歳くらいまでの男性の生徒さんがいらっしゃいます。

 

茶道を通して作法や所作など身のこなしが洗練されていくので、皆さん最初と見違えるほどどんどんかっこよくなっていらっしゃいます。

 

素敵な紳士が増えるとよいですね。

以上、街の女性たちの声を紹介しました。

つまり、60歳を超えてもなおカッコイイおじさんの特徴をまとめると、

  • 天然っぽいかわいさがある
  • やり過ぎないセクシー系
  • オシャレ
  • 爽やか
  • ちょっぴりヤンチャ
  • 博学で尊敬できる
  • 趣味を楽しんでいる
  • 交友関係が広い
  • 作法や所作が洗練されている

こんな感じでした。

一言でまとめると、モテるオジサンの特徴は、アクティブで向上心があるといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

モテる方法5つのポイント!モテるオヤジの特徴とは?

モテるおじさんの特徴をあげつつ、モテるために大切な5つのポイントを紹介したいと思います。

冒頭の、街の女性たちの声でも、ある程度モテるおじさんの要素はおわかりいただけたかと思います。

そう、アクティブで向上心があるということですね。

それをふまえ、モテるために重要なポイントを5つ、あげてみましょう。

1.清潔感

まず絶対条件と言っていいのが清潔感です。

お風呂や着替えはもちろんのこと、髭剃りや散髪などの身だしなみはきちんと整えましょう。

年をとればとるほど、清潔感があなたの印象に与える影響力は大きくなるものです。

ぶっちゃけ、多少実年齢より見た目が老けていても、清潔感さえあれば、十分巻き返し可能なんです。

2.可愛げ

可愛いオジサンは、今の時代かなりモテます。

将棋界のレジェンド、ひふみんが幅広い年代の女性からモテモテなのを見てもわかるでしょう。

女性は賢いので、わざわざ口に出さずとも、年齢を重ねたあなたが尊敬に値することを知っています。

「いつも頼りになるあなたが、私にだけこんな姿を見せてくれているっ」というシチュエーションに、女性は弱いのです。

そんな女性の母性本能を刺激して、たまには甘えてみるのも一つの手段ですよ。

 

昔は恥ずかしくてそんなことできなかったというあなたでも、60を超えたら少年に戻ることを世間的に許されているのです。

もちろん節度を持って、というのは鉄則ですが、女性に対して弱みを見せることはマイナスどころか、この年になるとプラスに働く可能性が高いです。

3.謙虚さ

うんちく垂れ流しの偉そうなおじさんより、物腰が柔らかくおちゃめなおじさんの方がモテます。

知識が豊富な人こそ、そして社会的立場が上の人ほど謙虚であるという傾向は、テレビを見ていてもわかるのではないでしょうか。

女性は自分の話を「うん、うん」とニコニコして聞いてくれる男性が大好きです。

4.好奇心

いくつになっても好奇心旺盛でいることは、男女問わず魅力的な大人の条件です。

気になった女性が興味を持っていること、例えばグルメやショッピングなどに付き合ってみるのも楽しいものですよ。

話題のスポットを訪ねたり、映画や舞台を観に行くのもおおいに刺激になります。

好奇心にあふれている人のオーラは、老若男女関係なくみんなが引き寄せられるものです。

若い子からモテたい貴方に、こんな習い事はいかがですか?

5.おしゃれ

おしゃれを心がけることは、モテたいならぜひやるべきです。

髪型やファッション、見た目を整えることでハードルは随分下げることができます。

当サイトシャイニアでも、持てる男の髪形やファッションを特集していますので、参考にしてみてくださいね!

間違えないで!モテとイタさの境界線

モテたいために度を越してしまい、イタイ中年となってしまわないように、気を付けてほしいことをまとめました。

まず、若作りはNGです。

どんなに頑張っても60代のあなたと、男盛りの30~40代の男性は違うんです。

そもそもの土俵が違うので、張り合うだけ無駄なのです。

男には、その年代に応じた魅力がそれぞれあって、そこでいかに勝負できるかが重要です。

 

例えば30代なら体力で、40代なら余裕で、50代なら渋さで、そして60代はすべて持ち合わせた賢者的な視野が、男性の魅力です。

そこをまず、理解してください。

それが理解できていれば、土俵の違う相手とはり合おうなんて気はまず起らないと思います。

 

女性だって、60代の男性にツルスベ肌や、一晩中動ける体力なんて1ミリも求めていません。

なので、安心して大丈夫です。

頑張り過ぎて痛い目を見てしまった方の体験談もありますので、反面教師にして戒めてください。

そして、成功例もありますのでこちらもぜひご参照いただき、希望の糧にしてください!

まとめ

60歳からが勝負、還暦からモテを目指すというのは、今やメディアの幻想ではありません。

現に私の周りでも、60を超えてからモテ始めたダンディな男性や、年を増すごとにどんどん格好よくなっている男性がたくさんいるのです。

私の経験上、清潔とオシャレを心がけていれば、若い頃よりモテます(^^)v

嘘だと思った疑い深いあなた、試しに明日、1時間入浴して目いっぱいオシャレしてから繁華街に出向いてみてください。

あなたを見る周りの女性からの視線が、普段と違うことに気づくと思いますよ♪