MENU

シニアの趣味に川柳はいかが?年々盛り上がるハイレベルなシルバー川柳ガイド

シニア 川柳

シルバー川柳は、高齢社会・高齢者の日々の生活などをテーマとして一般公募しているもので、2017年で17回を迎え、その人気ぶりはシルバー世代だけにとどまらず幅広い世代から注目を集めています。

シニアの「あるある」や、老いと時事問題を絡めたユニークなものなど、毎年ハイレベルな力作が登場するシルバー川柳は、読みものとしても十分おもしろいものですが、今年は作者としてチャレンジしてみてはいかがですか?

そこで、初心者だけどチャレンジしてみたい方というのために、ユーモアあふれるシルバー川柳について、わかりやすく解説していきたいと思います。

シルバー川柳とは

はじめに、シルバー川柳について説明します。

シルバー川柳は、公益社団法人全国有料老人ホーム協会が主催する川柳の賞(コンペ)です。

毎年、敬老の日に向けて公募されます。

募集の開始は平静29年度の実績では3月1日から6月25日でした。

応募の規定は4つです。

  1. 自作未発表であること
  2. 高齢社会や高齢者の日々の生活等をテーマとすること
  3. 応募者の年齢は問わず
  4. 応募作品の権利は(公社)全国有料老人ホーム協会に帰属すること

ということで、シニア世代にまつわることがテーマであれば、誰でも応募できるのがシルバー川柳の魅力です。

平成29年の第17回では、最年長は100歳、最年少はなんと4歳でした。

どんなことをテーマにしたらよいの?

シルバー川柳のテーマについて、どんなことを選んだらよいのか、ポイントを解説します。

規定では、「高齢社会や高齢者の日々の生活等をテーマとする」ということだけが決められています。

第17回の傾向では、流行語や社会現象などを取り入れたものも目立ったようです。

入賞作品の例では、

『iPad指舐めスライド孫怒る』長谷川明美(女性・東京都・57歳・主婦)

『ポケモンを捜し歩いて捜されて』ペンネーム:駄句さん(男性・静岡県・76歳・無職)

『「君の名は?」老人会でも流行語』ペンネーム:はだのさとこ(女性・岡山県・62歳・主婦)

引用:http://www.yurokyo.or.jp/news/silversenryu/20170908_01.html

などが流行語を取り入れて入賞している作品です。

また、老化に関する悩みや不安を自虐的にかつユーモラスに詠んだ川柳も定番のようです。

 

入賞作品にも、「忘れ」という単語や、もの忘れにまつわるエピソードが目立っている印象です。

夫婦や家族でのやり取りをコミカルに描いた内容や、ほのぼのとした内容も人気だそうです。

身近な夫婦ネタや孫ネタなら、誰にでも書きやすいでしょう。

若い世代のシニア層だと、自分の両親をテーマにしている人もみられます。

 

つまりまとめると、

  • 時事問題や流行を取り入れる
  • 自分が「老化」を意識したエピソードから考える
  • 家族や身近な人とのやり取りからヒントを見つける

このようなことから考えていくと、面白いアイデアが浮かぶかもしれません。

シルバー川柳の過去の入賞作は、どれも本当に笑ってしまうものばかりです。

「もうちょっと読んでみたい」と興味を持たれた方は、書籍も発行されています。

>>楽天市場:シルバー川柳書籍 一覧

川柳の書き方

いざ、川柳を作る前に、川柳の書き方の説明をします。

川柳は、俳句や短歌と違って細かいルールはないと考えてよいでしょう。

基本的には「5・7・5」のリズムに乗せて作ればOKです。

作ってみよう!

では、実際に一句作ってみましょう。

今回、川柳に登場するのは、孫のいるおじいさんです。

孫が、iPadを使っているのを見てヒントを得ました。

iPadは、タブレット端末と呼ばれていることがポイントです。

おじいさんは、孫と自分の共通項がタブレットにあると考えました。

『タブレット 孫iPad 俺薬』

iPadという携帯端末のタブレットと、錠剤の薬のタブレットをかけています。

いかがですか?

このように、小さなエピソードから誰にでも気軽に作れるのが川柳の魅力です。

まとめ

シルバー川柳は、誰もが経験する老いをユーモラスに描くことで、読んだ人を元気に笑顔にするパワーがあります。

難しいルールがないのが川柳の魅力なので、誰にでもチャレンジしやすいところも人気の理由です。

毎日の日記代わりに1日1句作っていけば、どんどん上達します。

今年はあなたも、シルバー川柳の入賞目指して頑張ってみませんか?